ハイジニーナ

ハイジニーナの黒ずみ目立つ気になるならケア方法はコレ!目立たせない解消方法を詳しく紹介

ハイジニーナの黒ずみケア方法はコレ!目立たせない解消方法を詳しく紹介

ハイジニーナに興味はあるけど黒ずみが目立つし気になると聞くけど本当?

ハイジニーナの黒ずみを目立たせなくさせる方法や悩みを解決できる方法があるなら知りたいと思いませんか?

そこで今回は、ハイジニーナを考えている人のために黒ずみの原因や解消法、ケアしながら脱毛もできるサロン・クリニックの紹介まで、とことんお伝えします。

黒ずみについてきちんと知れば、安心してハイジニーナになれますよ。

ハイジニーナ脱毛したら黒ずみが気になる理由

人気のハイジニーナ脱毛ですが、ツイッターにはデリケートゾーンの黒ずみが気になって思い切れないと悩む声もあります。

ハイジニーナ(パイパン)にすると、その快適性で多くの女性が満足しています。

ただ、脱毛には満足しているものの、脱毛後にVIOの黒ずみがひどい、目立つ、たるみが気になるなど、ショックを感じている人もいるんです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は、自己処理と下着です。

黒ずみはメラニン色素によって起きます。

メラニン色素
外からの刺激から肌を守るために肌内部で作られる物質

デリケートゾーンの黒ずみは、日常生活のいろいろな刺激から肌を守るためにできてしまったものなんです。

黒ずみの主な原因

下着の摩擦、しめつけ
ナプキンとの摩擦
お風呂で洗いすぎ
自己処理によるカミソリの刺激

特に自己処理を長く続けてきた人は注意が必要です。

カミソリによる刺激は、特に薄いデリケートゾーンの皮膚には刺激が強すぎなんです…。

中にはこんな意識の高い人もいますが、もうすでにある黒ずみに悩んでいる人には集中した黒ずみケア法をお伝えします!

ハイジニーナの黒ずみとシワケア法2選

日頃からのケアで黒ずみの予防はできても、もうすでにできているデリケートゾーンの黒ずみは、美白ケアで解消しましょう!

ハイジニーナになって気になる黒ずみ解消法おすすめ3つご紹介します。黒ずみだけでなく、シワのケアもできますよ。

①専用の美白クリームや石鹸を使う

ハイジニーナにおすすめしたいのが、デリケートゾーン専用の石鹸や美白クリーム。

専用の石鹸は、保湿だけでなくニオイ対策もできるものを選べば一石二鳥です。

トレチノインとハイドロキノンとは?

VIOの美白で人気の高い医薬品に、トレチノインとハイドロキノンがあります。

トレチノイン
ターンオーバーの活性促進

ハイドロキノン
シミ抑制

どちらもドラッグストアでも購入することができる医薬品です。

トレチノインとハイドロキノンは併用すると、ハイジニーナの美白に高い効果を発揮します。

ただし、強力な治療法なので使い方には注意が必要です。

イビサクリーム

お得な定期コースのメリットが一番多い!
日本人の肌に合わせて作られた
敏感肌の人でも使いやすいクリーム
イビザクリームを
お得に購入するにはコチラから

デリケートなハイジニーナの美白ケアをするならイビサクリーム。多くのアワードで断トツ1位を獲得した黒ずみ解消クリーム

無添加で赤ちゃんでも使えるイビサクリームなら、デリケートゾーンにも安心して使えます。

イビサクリームの
主な成分

・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
・4 種の植物成分
・8 種の潤い成分

朝晩1日2回塗るだけなので、簡単ですね。

イビザクリームの
詳細についてはコチラ

②美容外科クリニックで治療する

皮膚科や美容外科クリニックには、デリケートゾーンの美白治療のメニューがあるところもあります。

レーザーやビーリング、美白効果の高いハイドロキノンクリームを使った治療や、美白成分を導入するなどの方法があるので、黒ずみを確実に改善したい場合には医師に相談するのもあり!

VIO脱毛で黒ずみケア!?

実は、VIO脱毛を継続して黒ずみが薄くなったと感じている人もいるんです!

ハイジニーナ脱毛による黒ずみ対策
・自己処理が減って、新たな黒ずみ予防
・トイレのときの拭き取りがラク=刺激減
・美白効果のあるレーザーや光

ハイジニーナ脱毛は、これまで続けてきた自己処理をする必要がなくなるから、これ以上黒ずみが増える心配がありません。

レーザーや光自体に美白効果があるものや、アフターケアに美白ケアを追加すれば、脱毛と黒ずみケアが一度にできて、一石二鳥です!

>>ハイジニーナ脱毛をして後悔してる?詳しい情報はコチラ

>>美白効果のあるレーザー脱毛器ジェントルマックスプロについて

サロン・クリニックのハイジニーナ脱毛比較

黒ずみケアも同時にできるハイジニーナ脱毛は、脱毛サロンと医療脱毛クリニックでできます。

それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

脱毛
サロン
医療脱毛
クリニック
脱毛方式 光脱毛
(美容脱毛)
レーザー脱毛
(医療脱毛)
脱毛効果 減毛 永久脱毛
痛み 少ない 強め
痛み対策 特になし 麻酔
回数の目安 12回以上 8回以上
ハイジニーナ
脱毛相場
全身脱毛専門サロンが
多い
5〜6回
2万円

脱毛サロンでのハイジニーナは回数が多く必要で、効果はゆるやか。ですが、痛みが強くなりがちなVIOでも痛みの心配なく通えます。

一方の医療脱毛クリニックは、痛みは強いですが、効果は早く、通う回数も少なめです。

ハイジニーナ脱毛の口コミ比較

口コミを調査すると、脱毛サロン・医療脱毛クリニック、どちらでもハイジニーナ・パイパンになるのは可能なようです!

毛質にもよりますが、脱毛サロンの美容脱毛でツルツルになる人もいれば、回数がかかっている人も。

医療脱毛は1回1回の効果が高く満足度も高い口コミが多かったです。

脱毛サロンのメリットは、永久保証つきプランなら一生通い続けられる点です。VIOのようにしつこい部位は、あえて脱毛サロンでケアを続けるという選択肢もあるんですね。

>>VIO脱毛をするならコチラ

自宅でできる?ハイジニーナ脱毛

自宅で脱毛ができると人気の家庭用脱毛器でも、気長に使えばハイジニーナ脱毛は可能です。

実は、VIOに使用できる家庭用脱毛器は限られています。

VIO脱毛におすすめの
家庭用脱毛器

ケノン
脱毛ラボホームエディション

どちらも光脱毛器です。

ケノン 脱毛ラボ
ホームエディション
脱毛方式 光脱毛 光脱毛
レベル段階 1〜10段階 1〜5段階
出力 非公開 12ジュール
(業務用と同レベル)
照射可能
回数
50万回 30万回
特徴 カートリッジ6種類
(美顔器も)
美肌モード搭載
金額 69,800円
(公式サイト割引)
64,980円

ケノンは長く人気の高い家庭用脱毛器。そこに脱毛ラボホームエディションが発売され、どちらが良いのか悩む人も。

>>ケノンの口コミや使いやすさについてはコチラ

ただ、ハイジニーナ脱毛、パイパンにしたい人にとっては、この2つには大きな違いがあるのです!

そうなんです、VIOすべてに照射できるのは脱毛ラボホームエディションなんです!

ケノンはVラインのみ照射可能で、IOラインは推奨されていません。

自宅でハイジニーナ脱毛をするなら、脱毛ラボホームエディションがおすすめです。

ただ、肌トラブルの不安や回数、手間などに不安な人は、サロンやクリニックでのハイジニーナ脱毛の方が安心です。

>>脱毛ラボホームエディションの口コミや効果はコチラ

ハイジニーナも黒ずみ対策もできるサロン・クリニック

ハイジニーナしながら黒ずみ対策もできるサロン、クリニックを紹介します。

痛みなし美肌効果あり!ストラッシュ

ストラッシュのこだわり条件

  • 産毛
  • 日焼け肌
  • 21時まで診察(平日)
  • 分割払い(医療ローン/クレカ5種)
  • お子様でも脱毛可能
  • 返金保証制度

ストラッシュの
無料カウンセリングはコチラ

痛みが少ないSHR脱毛のストラッシュ。業界初の電気の力を使った美容成分導入法で肌トーンアップ、乾燥小じわも改善できるので、脱毛しながら美肌のハイジニーナを目指せますよ。

>>ストラッシュの脱毛方法SHR脱毛の効果についてコチラ

部分脱毛コースもあるので、VIOだけ脱毛したい人にもおすすめ!

>>ストラッシュVIO脱毛について詳しくはコチラ

銀座カラー

今らならお得に脱毛できる

銀座カラーの
無料カウンセリングはコチラ

銀座カラーは美白効果のあるIPL脱毛の全身脱毛専門サロン。

>>IPL脱毛の効果についてはコチラ

脱毛後の肌ケアには、ヒアルロン酸やコラーゲンなど美肌に重要な保湿成分がたっぷりのオリジナルローションを使ってくれます。

ハイジニーナの黒ずみと一緒に、全身を美肌脱毛したい人におすすめです。

>>銀座カラーは他のサロンより安い?詳しくはコチラ

安く医療脱毛!レジーナクリニック

レジーナクリニックは
顔とVIOを含まない全身脱毛が
5回で20万円を切る料金設定

レジーナクリニックの
無料カウンセリングはコチラ

>>レジーナクリニックの口コミはコチラ

医療脱毛でハイジニーナと黒ずみ対策をするなら、リーズナブルな価格で評判のレジーナクリニック。

美白効果のあるアレキサンドライトレーザーを使った脱毛機「ジェントルレーズPro」を使っています。

>>ジェントルレーズプロの口コミや効果についてコチラ

すぐできる!ハイジニーナの黒ずみ日常ケア

デリケートゾーンのケアは、日本に比べて海外ではメジャーなもの。

かといって、日本では大きな声で語られることがないので、

お悩み女子
お悩み女子
ケアしたいと思っても何をしていいかわからない

というのが本音ではないでしょうか。

そこで、すぐに始められるデリケートゾーンのケアをお伝えするので、ぜひ今日から実践してみてください!

黒ずみの予防だけでなく、シワケアにもなりますよ。

指の腹で優しく洗う

お風呂でデリケートゾーンを洗うときは、指の腹を使って優しく洗いましょう。

モコモコの泡で、洗顔と同じように泡で洗うような感覚が◎

ただし、膣の中まで泡が入るなど洗浄しすぎると、常在菌を失って雑菌に対する抵抗力がなくなってしまうことがあるので、要注意!

ナイロン製のボディタオルは硬く、デリケートゾーンには刺激が強すぎるので使わないようにしましょう。

保湿する

意外かもしれませんが、デリケートゾーンの保湿ケアは黒ずみ対策に重要。

肌がなめらかに整っていると、摩擦による刺激を受けにくく、また刺激に対してうまれたメラニン色素をターンオーバーで順調に排出してくれるんです。

つまり、保湿ケアをすることで、黒ずみを増やしにくくするということです。

デリケートゾーン専用の保湿成分配合の石鹸や保湿剤も販売されています。

締め付けの少ない下着を着用する

24時間365日身につけている下着を見直すことも、デリケートゾーンのケアには大切。

ファッション的な面を考えるとなかなか下着を変えることが難しい人は、せめて自宅でのリラックスタイムだけでもデリケードゾーンを締め付けから解放してみましょう。

ハイジニーナの黒ずみのよくある疑問

ハイジニーナにしたい人にとって、黒ずみは大問題。気になる疑問についてお答えします。

黒ずんでいても脱毛できる?

デリケートゾーンに黒ずみがあっても、多くの場合は脱毛が可能です。

レーザー脱毛や光脱毛には、メラニン色素に反応して脱毛する方法とそうでないものがあります。

ただ、黒ずみがあまりにも濃い場合は、メラニン色素に反応する脱毛法では痛みが強くなったり、肌トラブルの原因にもなるので、脱毛自体を断られる可能性も。

不安な人は契約前に確認することも必要です。
メラニン色素に反応させずに脱毛できる蓄熱式脱毛もおすすめです。

>>SHR脱毛は白髪にも効果ある?詳しくはコチラ

>>メディオスターネクストプロについてはコチラ

黒ずんでいてスタッフに引かれない?

ハイジニーナにしたいけれどデリケートゾーンの黒ずみが、サロンスタッフに引かれないか不安になりますよね。

お悩み女子
お悩み女子
 最初はなかなかに勇気がいります・・・

でもスタッフは毎日何人もの施術を担当しているプロ。気にしていない、というのが本音なんです。

むしろ脱毛施術を毎日している側から言わせると、脱毛していない状態の方が気になって仕方ないし、ここを脱毛すればもっとキレイになるのに…!と思うような職業病の人が多いなんていう話も…。

また脱毛の施術は個室でおこなうので、スタッフ以外に見られる心配もありません。

脱毛で美白できる?

ハイジニーナにしたいけれど、デリケートゾーンの黒ずみが気になるなら、美白効果も期待できる脱毛がおすすめです。

脱毛で使う光やレーザーには、シミを薄くする治療にもともと使われていたものがあります。

美白効果のある脱毛方法
  • IPL脱毛
  • SSC脱毛
  • アレキサンドライトレーザー脱毛

まとめ

ハイジニーナにすることで、気になるデリケートゾーンの黒ずみも解消できることがわかりました!

最初こそスタッフに見られることに抵抗も感じますが、せっかくツルツルになるハイジニーナ。黒ずみもきれいにしたいですよね。

脱毛自体に美白効果を期待することもできますが、多くの経験者が自宅での美白・美肌ケアもしています。

デリケートゾーン専用の美白クリームや石鹸で美白ケアしながら、美しいハイジニーナを目指しましょう!

お得な定期コースのメリットが一番多い!
日本人の肌に合わせて作られた
敏感肌の人でも使いやすいクリーム
イビザクリームを
お得に購入するにはコチラから

こちらの記事もおすすめ!
ハイジニーナ

【ハイジニーナ脱毛徹底調査】3人に一人がやってる!?VIO脱毛の効果やメリット、口コミ、男性の反応教えます!

2020年2月3日
人気の脱毛サロンや脱毛方法をわかりやすく紐解く【脱毛DX】
VIOの毛をすべて処理してしまうことを、最近はハイジニーナ脱毛と言います。 気になるものの、正直友達どうしで気軽に出せる話題ではないで …