デジタルポスターについて

第6回肝臓と糖尿病・代謝研究会では従来の紙によるポスター発表ではなく、フルハイビジョンモニタを使用したデジタルポスターセッションを行います。

デジタルポスターと従来のポスター(紙)の相違点

  1. 発表は、PowerPointデータをフルハイビジョンモニタ(70インチ)に投影して、オーラル発表のようにスライド形式で行います。
  2. 閲覧は、会場内の閲覧用PCのほか、ご自身のPC等を使って、会期中いつでも行えます。
  3. 発表スライドは事前登録制で、発表者はデータを会場に持参する必要はありません。

発表データについて

※発表者の方は必ず以下をよく読んでご準備ください。

I. データ作成の準備

  • 発表データは、通常のポスター発表のように大判サイズで作成せず、オーラル発表のようにスライド毎に作成してください。
  • 登録できるスライド枚数は、15枚です。演題番号、演題名、筆頭演者名とその所属はモニター上部に常時表示されますので、タイトルスライドは省略することもできます。
  • データ登録時に「利益相反の開示」をオンライン上で行ってください。利益相反が有の場合、16枚目(本文15枚未満の場合は最後)のスライドで開示を行ってください。開示スライド例はこちらよりダウンロードしてください(日本糖尿病学会のものをご利用ください)。利益相反が無い場合は、モニターの下部にその旨表示されます。
  • 登録出来るファイルはPowerPointファイルです。Windows7にインストールされたPowerPoint2013を使用してデータの変換を行いますので、それ以外のPowerPointのバージョンとOSの組み合わせで登録する場合はオンラインプレビューでフォントの置き換わり、改行ズレ等細かい点まで確認してください。
  • 画面比率は、4:3になるように作成してください。
  • PowerPointファイルは、登録する際にレイアウト崩れ防止のために画像化されます。そのため、画面切り替えアニメーションとページ内アニメーションは使用できません。
  • PowerPoint内で動画も使用することができます。登録できる容量は、200MB以内です(PowerPointファイルと動画の合計)。

II. PowerPointデータ作成時の注意

  • フォントは、OS標準のフォントおよびOfficeを標準インストールする際にインストールされるフォントを使用してください(日本語:MSゴシック、MS Pゴシック、MS 明朝、MS P明朝、メイリオ 英語:Century、Century Gothic等)。それ以外のフォントは、文字ずれ、文字化けの原因となる可能性があります。
  • 同一のテキストボックスに、複数のフォントが指定されていたり、日本語テキストに英文字フォントが指定されていたりすると、文字が正確に変換できない場合があります。生成されたポスターでテキストに不具合がある場合は、テキストボックス内は、1つのフォントで統一してください。
  • グラフの凡例等、直接フォントが設定できない場合は「フォントと文字の高度なオプション」を使って英数字用のフォントの設定を「(日本語用のフォントを使用)」に変更し日本語用のフォントも指定してください。
  • タブ、スペースで文字のレイアウトを調整すると、正確に変換できない場合があります。テキストボックス、表(スタイル・グリッド線なし)の使用をおすすめします。
  • オブジェクトを透明化するとエラーとなることがあります、極力透明化せずに色の変更でご対応ください。
  • 非表示スライドのみですとファイルが開けずエラーとなりますので、ご注意ください。
  • パスワードをかけて保存しないでください。また、[プレゼンテーションの保護](PowerPoint2016/2013/2010)/[配布準備](PowerPoint2007)で[最終版]にして読み取り専用に設定している場合は、[最終版]を解除してください。
  • Mac版PowerPointは非推奨としております。Windows版PowerPointで動作確認をし、保存しなおしてからご登録ください。
  • ファイルサイズは200MB以下で作成してください。

III. 動画(ビデオ)使用時の注意

  • 作成した動画は、H.264 720p(.mp4)のフォーマットで書き出してください。フレームレートは24fpsを推奨いたします。
  • 動画をPowerPointに挿入する時は下記の手順でおこなってください。
    PowerPoint挿入手順

    • ①【挿入】のタブから【ビデオ(メディア)】を選択して、「ファイルからビデオ(ムービー)」を選択。
    • ② 該当の動画ファイルを選択。
    • ③【挿入】をクリック。「ファイルにリンク」は選ばないでください。Mac版PowerPointの場合は「ファイルへのリンク」のチェックを外してください。
  • PowerPointのスライドショーで最後までスムーズに再生できるか確認してください。
  • 再生を確認した後に名前をつけて保存をしてください。(「PowerPointプレゼンテーション(*.pptx)」の形式のみ登録出来ますので、これ以外の形式で保存している場合は変更してください。)

IV. 登録方法

登録期間:4月23日(火)~5月13日(月)17時まで
登録ページ:https://mdpj.jp/prelude/jds62/index.cfm
※演題受付番号は4/23(火)午前中にメールで配信されます

  • 登録手順:

    1. PowerPointバージョンの項目で作成したアプリケーションを選択してください。
    2. スライド枚数(①)の項目でデータのページ数を選択してください。
    3. 動画がある場合は「動画あり」を選択すると表示される「動画のあるスライド」(②)にチェックを入れてください。
    4. 発表データ(③)でPowerPointファイルを登録してください。
    5. 動画に音声がある場合で発表時に使用する際は「あり」にチェックしてください。
  • オンラインプレビュー:
    • プレゼンテーションが変換されると、変換中の画面からオンラインプレビューの画面に自動的に切り替わります。また、同時にオンラインプレビューの案内のメールが配信されます。
    • 締切直前は、変換に時間がかかる場合がありますが、概ね5分程度で生成が完了いたします。動画がある場合は全動画の再生時間を加算した時間は最低でも必要になります。
    • オンラインプレビュー画面は発表画面とほぼ同じ画面となります。予行演習にも使用していただけます。
    • オンラインプレビューの画面では、確認後、必ず「確認終了」か「修正予定」を選んでください。
    • 確認ステータス(「未確認」「確認終了」「修正予定」)に関わらず、最後に登録されたデータが発表データとなります。
  • 修正:
    • 修正の際は、初回登録同様に全てのファイルを登録してください。複数ファイルを登録している場合、修正したファイルだけの登録は無効となります。
    • 登録期間中は、何度でも修正できます。スライド登録期間を過ぎると、登録・修正はできません。
  • ご登録いただきますと、自動で受け付けメールが届きます。
  • 締切日が近づくと、同じデータでも登録からプレビューまで時間がかかります。時間に余裕をもってご登録ください。
  • 複数演題を登録する場合は、右上の「ログアウト」をクリックの上、再度該当演題でログインしてください。

画面イメージ

I. 演題選択画面イメージ

ご自身の演題をクリックして、発表を開始してください。

 

II. 発表画面イメージ

下記のように、「ポスターモード」、「スライドモード」、「比較モード」の表示方法を用意しました。ひとつのモードだけを使用して発表することもできますし、ポスターモードを使用して、部分的にスライドモードや比較モードで拡大して発表することもできます。

ポスターモード

タイトルスライドを除いて15枚分(縦3×横5)のスライドを表示できます。

※利益相反が有の場合、発表の最後に必ず「スライドモード」で利益相反開示スライドを表示してください。

スライドモード

1枚ずつスライドを表示して発表できます

比較モード

発表スライドの中から任意のスライドを2枚選択し、左右に並べて表示できます。

会期当日について

  • オンラインプレビュー完了後は、発表データをご持参いただく必要はございません。発表予定時間の15 分前までに直接発表ブースまでお越しください。当日のデータ修正はできません。
  • 演台上では、マウス等を使ってスライドを操作してください。
  • ご不明点がありましたら、サポートデスクまで問合せページからお問い合わせください。
    第62回日本糖尿病学会年次学術集会 デジタルポスター サポートデスク
    E-Mail: jds@mdpj.jp

閲覧について

第62回日本糖尿病学会年次学術集会会期中に、参加者のみ閲覧が可能です。ご自身のPC等で閲覧サイトにアクセスし、参加証に記載されたID とパスワードを入力してご利用ください。インターネット環境のある場所であればどこでも閲覧が可能です。ただし、動画閲覧の際にはAdobe Flash Player が必要です。閲覧コーナーには、動画閲覧可能なPC を数台ご用意しております。

閲覧コーナー:仙台国際センター会議棟 2F「小会議室6・7」
※データダウンロードはできません。