プログラム

日程表(PDF)

YIA(PDF) 一般(PDF)

シンポジウム

シンポジウム1

糖尿病とNASH/NAFLD:分子メカニズムと最新の治療
日時 5月25日(土) 8:30-10:30
会場 仙台国際センター会議棟 桜2
座長
竹原 徹郎(大阪大学大学院医学系研究科消化器内科学)
荒木 栄一(熊本大学大学院生命科学研究部代謝内科学)
演者
ミトコンドリアDNA分解酵素活性の低下による非アポトーシス型細胞死の誘導
疋田 隼人(大阪大学大学院医学系研究科消化器内科学)
肥満に伴う選択的インスリン抵抗性の分子機構―肝臓のmetabolic zonation―
窪田 直人(東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科)
NASH・肥満関連肝癌におけるlipid metabolic reprogramming
中川 勇人(東京大学消化器内科)
食品因子からのNASH/NAFLD創薬シードの探求
太田 嗣人(旭川医科大学内科学講座病態代謝内科学分野)
分子シャペロンApg-2 が制御する脂肪肝形式と肝発がん機序の検討
山口 寛二(京都府立医科大学医学研究科消化器内科学)
NAFLDにおける肝糖取り込み障害のメカニズムと役割
井上 啓(金沢大学新学術創成研究機構)

シンポジウム2

糖尿病と肝がん update
日時 5月25日(土) 15:00-17:00
会場 仙台国際センター会議棟 桜2
座長
小池 和彦(東京大学消化器内科)
小川 渉(神戸大学大学院医学研究科糖尿病・内分泌内科学部門)
演者
糖尿病治療薬が肝がんにおよぼす影響
川口 巧(久留米大学消化器内科)
糖尿病外来における肝細胞癌発生の実態
建石 良介(東京大学大学院医学系研究科消化器内科)
糖尿病における肝癌と血管新生~既存薬剤による肝癌治療への応用~
鍛冶 孝祐(奈良県立医科大学内科学第三講座)
脂肪細胞におけるインスリン作用不全と非アルコール性脂肪性肝炎
細岡 哲也(神戸大学大学院医学研究科糖尿病・内分泌内科学)
代謝性ストレスに対する細胞応答とNASH・肝癌発症機構
伊藤 美智子(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科臓器代謝ネットワーク講座/神奈川県立産業技術総合研究所)
糖尿病の病態・治療法と肝がん
添田 光太郎(国立国際医療研究センター糖尿病研究センター分子糖尿病医学研究部)